チャンピックス 通販

チャンピックスのリスクを知ろう!

前頁で、私の副作用で起こった事例から、

 

チャンピックスは【危険ドラッグにも成りかねない!】

 

と書かせていただきましたが、

 


チャンピックスは禁煙外来でも推奨され、多くの方が服用されている禁煙補助薬なので、

 

 

使用上の注意をしっかり守り、

 

万が一異変を感じれば服用を中止し、すぐに医師に相談

 

 

ここをきちんとしておけば大丈夫だとは思います。

 

 

ですが、

 

 

中にはやはり私みたいに重篤な副作用が起きるケースもあり、
米国のFDA調べでは【重篤副作用件数ワースト1位】になったこともあるようです。

 

そしてその中でも、危険度が高いのは、

 

 

意識喪失・・・。

 

 

まさに私が成りかけた症状と同じです!!

 

 

なのに日本では、

 

「副作用 は吐き気や頭痛、便秘程度」といった説明のみで、

 

患者は【重篤な副作用が起きる事もある】とはわからずに処方されている事も多々あります!

 

現に私の友人はこのような説明はなかったみたいですし、
私もドラッグストアで事故事例がある事は聞きましたが、

 

中には【自殺願望が出る人もいる!】このような事は全く知りませんでした。

 

 

その理由は、

 

国内で実施した臨床試験で認められた副作用

 

だからか?と思いました。

 

 

あと、副作用が強く出たのも、

仕事のストレスで少し不安定になっていた時に服用したことが原因ではないかとも後で思いました。

 

(もともと精神的な落ち込みや不安等の症状ある場合は、その症状が強く出ることがあるみたいです。)

 

 

チャンピックスを服用するにあたっての注意を詳しく見る

 

ファイザー すぐ禁煙

 

 

チャンピックスは保険適用外なら通販できる!?

チャンピックスの正規品を保険適用外で通販!

 

私はチャンピックスの使用を途中で止めざるをえない状況になりましたが、

 

計5回の禁煙治療をすべて受けた方の78.5%は、治療完了時に少なくとも4週間は禁煙を続けられ、
治療を中断せずに完了した方は、禁煙継続率が高くなっているとのことです。
人によってはチャンピックスが1番禁煙できる方法かもしれませんね。

 

 

 

1日に1箱喫煙する方なら、2〜3ヶ月(8〜12週間)分のタバコ代より、
保険診療で禁煙治療を受けた場合の3割負担額のほうが安くなる計算ですが、

 

 

保険診療12週(3ヶ月)後〜

 

前回の治療の初回診察日から1年経過していない

 

近くの病院が自由診療のみ、保険適用が認められなかった

 

 

このような方は、保険適用外の自由診療になってしまいます。

 


ですが、病院の自由診療でなくても、

 

個人輸入代行をしている通販薬局等で正規品のチャンピックスは購入することができます!

 

 

もちろん保険適用ではありませんが、

 

保険(自由)診療で支払う、

 

初診料および再診料・ニコチン依存症管理料・院外処方せん料 

 

上記以外の禁煙補助薬(チャンピックス)だけで済むので、

 

病院で自由診療で支払う金額より6〜8割ぐらいと、安く済みます。

 

 

例を挙げると、

 

保険適用外の自由診療

 

12週で、約63,000円のところ、

 

通販購入 12週分で、39,980円

 

 

2週分や4週分の単品パックを購入されるより、

 

12週分の禁煙フルパックがお得です!

 


単品購入されるよりも安い

 

禁煙を成功されるには12週間必要なのでフルセット3ヶ月分がお得

 

毎回注文する必要が無い

 

12週分を購入することでお薬が切れる心配が無く使用できる

 

 

ですが、

 

初めての方でまずは試されるなら、

 

2週分のスターターパック、7,380円や、

 

以前に飲んでいた・継続して飲みたい方は、フルパック・メンテナンスパックを、

 

その都度、購入でもいいかと思います。(お薬が切れる前に忘れず注文)

 

 


ご使用上の注意をよく守り、気になる症状があらわれた場合は、早めに主治医に相談してください。
また、他に不快な症状があらわれた場合やこの薬について分からないことがある場合は、医師、薬剤師に相談してください。